のんびり兄ライルと、おてんば妹シュシュのブログ。シュシュは左後ろ脚にハンデがありますが、明るく元気に過ごしています(^^)


by keiko-ryle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

思うこと。



 震災から10日が過ぎ・・・
 毎日テレビから流れる情報と映像に、
 心配と不安が心を占領する日々。。。、


 私は子の親であり、愛犬を持つ身。

 もし、あの状況におかれていたら
 生き残れたでしょうか・・。

 子供と犬を守りながら逃げるのは、
 とても大変なことなんじゃないか・・

 そう思うと、恐怖感が襲ってきました。



 テレビに映る被災した人、子供たちや動物達が
 どんな思いでいるのかと思うと、
 心が痛まない日はありません。

 しかしながら、、
 震災の影響が少なかった土地に住むわたしたちは、
 早く日常を取り戻さなくてはならないと思うのです。

 これから先をしっかり生きていくために、
 今、何が必要で何が必要じゃないか?という原点に戻り、
 そのためにどうすべきかを各々が考え、
 元気な人がしっかり経済活動をして、
 復興の希望を見つけ出さなければならないのです。



 ライルもシュシュも毎日元気です。
 その仕草に救われ、癒され・・・

 不安や心配や噂に左右される自分は、
 なんと弱くて心が小さいのだろうと思います。

 母は強くなければ!

 頑張ろう。


 被災地の方々は、
 頑張りたくても頑張れない状況でしょう。
 だから、
 頑張りは元気な人々に任せて下さい。

 ちっぽけなわたしが何の役に立てるのかわからないけれど、
 ちっぽけでもまったくの無力ではないはず。

 少しでも復興の役に立って、
 それが、子ども達や動物たちの未来に繋がることを祈って
 この地震の事を忘れずに生きて行こうと思います。




 ライルとシュシュは、地震の日から
 たまに寄り添う姿が見られるようになりました。

 お留守番中に起きた地震を2ワンで乗り越えたからでしょうか。

 あいかわらずシュシュの方がおてんばで、
 ライルを困らせる時の方が多いけれど(^^;)
f0181462_2261453.jpg

f0181462_2274924.jpg

    ↑地震の次の日 停電の暗闇の中、シュシュがくっついていました。

f0181462_2285528.jpg

           ↑一緒に日なたぼっこ(^^)

f0181462_2210182.jpg

    ↑お父さんを癒し中♪ シュシュ・・偉そう(^^;)

f0181462_22104565.jpg

    ↑重なってお母さんを癒し中♪

f0181462_22112782.jpg
f0181462_22114111.jpg

   18日に生後半年を迎えたシュシュ・・
   顔立ちも少し大人っぽくなりました。
       中身はまだまだ赤ちゃんだけど(^^)



 それから・・18日に娘がアメリカへ旅立ちました。
 かねてから予定していた学校の海外研修です。

 わたしが、「今は日本よりアメリカの方が安全だから」と言ったら
 娘に、「逃げるんじゃないよ。今の日本をしっかり見つめるために行くんだよ」
 と言われてしまいました。

 きっといろんなことを学んで帰ってくるでしょうね。

 

 復興を祈って できる事から一歩ずつ・・・。

 これからブログも少しずつUPしていきます(^^)

 
[PR]
by keiko-ryle | 2011-03-21 22:31 | 多頭飼い